リモート会議を行う際に、聞き取りやすさとマイク音質の確保にヘッドセットがあった方がよさそうだったので、調べて手頃なEPOS PC5-Chatを購入しました。

その際、比較検討を行った候補など調べた内容などをまとめて記録しておきます。

購入の経緯

在宅勤務、オフィス勤務のどちらでもリモート会議を行うことが常となりました。

これまではイヤホンとノートPC内蔵マイクで参加していたのですが、どうにも内蔵マイクの調子がよろしくないようで、それならいっそのことヘッドセットを購入しようと考えました。

USBヘッドセットも考えたのですが、USB切り替え機を使っている関係からUSB端子に余裕がなく、幸いノートPCが3.5mmミニプラグ4極のヘッドセットプラグを備えていたので、手頃な価格の4極対応のものを探すことにしました。

購入候補

メーカー 製品名 ケーブル長 リモコン 接続 指向性 NCM 重量 ドライバ マイク周波数 価格
EPOS PC8 USB 2m USB-A 単一 84g 3900
EPOS PC5 Chat 2m × 3.5mm 4極 単一 77g 90Hz-15kHz 3200
Audio Technica ATH-102USB 2m USB-A 78g 30mm 200Hz-10kHz 3100
Logicool H340R 1.8m × USB-A 100g 3000
Logicool H390 2.33m USB-A 197g 3300
Logicool G331 2m 3.5mm4極 単一 280g 50mm 100Hz-20kHz 4800
Corsair CA-9011195-AP 1.1m 3.5mm 4極 単一 260g 50mm 100Hz-10kHz 3500
Corsair CA-9011215-AP 1.8m 3.5mm 4極 単一 320g 50mm 100Hz-10kHz 3600
Kingston HyperX HX-HSCSC-BK 1.3m 3.5mm 4極 215g 40mm 50Hz-18kHz 3400

※コルセアのリモコンはインラインではなくて耳元
※NCM: ノイズキャンセリングマイク
※価格は目安

私が眼鏡使用者ということもあり、大型のヘッドホンタイプは相性が分かりかねる問題もありました。 そのため、小型で挟む力も弱そうなものとするのがよさそうです。

EPOSというのが聞きなれないメーカーでしたが、どうやら前身のゼンハイザーゲーミングからブランド名を変えたもののようでした。

3.5mm4極対応のヘッドセットは数が少なく、大型の高級機であればUSB-A,USB-C,3.5mm4極交換可能というものもあるような印象です。

これまでの利用経験的には、ケーブル長は1mでは短すぎて、2mあると丁度良い感じです。

今回は価格も3000円程度で手ごろなEPOS PC5 Chatを購入することにしました。 重量も77gとかなり小型であるので、長時間装着の負担も少ないかも、という期待もあります。

あとはプライベート利用と兼用の場合はデスクトップPCだと自作ケースでは4極対応皆無なので、そちらでも使えるようにUSBか2又変換も用意しておくとよさそうです。

今回は4極メス→3極オスx2へ変換するmiyoshi PAA-4P3Pというものを購入しました。

EPOS PC5 Chatの外観

以下がPC5 Chatの外観です。

梱包は破壊しないと開けられないタイプのもので、保管用に老いておく事は面倒な奴です。

同時に購入した3.5mm4極メス→3極オスx2への変換用コネクタのmiyoshi PAA-4P3Pが以下です。

ヘッドセットは非常にシンプルな形状をしており、一緒に説明書が小さく折りたたまれて梱包されていました。

スポンジ状のイヤーパッドで、クッション性はやや低めな印象です。

マイクは特にロックや引っかかりもなくスムーズに下におろすことが出来ます。

マイク自体にはスポンジはついていないので、息などが入りやすいかもしれません。

ケーブルには音量調整ダイヤルやミュートスイッチはないので、PC側で操作する必要があります。

2mのケーブルは机の前でPCを操作する場合、引き出しなどを開けたり手元で作業する際にも引っかからない使い勝手のいい長さと思います。

4極→3極x2の変換コネクタは問題なく接続でき、デスクトップPC側でも問題なく利用できました。

利用テスト

簡単な利用テストを行ってみました。

マイクの音量はやや小さめで、マイクを上にあげているときにはミュートになっているわけではなくて、かすかに音が録音されていました。

単に指向性マイクということで、口元に行かないから録音が小さいというだけのようです。

適当な動画をYoutubeから色々流して聞いてみましたが、人の声のレンジについては全く問題なさそうです。

ただ、音質的には低音は割れ気味な印象を受けました。

人の声に特化してコストを下げているのでしょうか。とはいえ会議やボイチャに使うにはまったく問題なさそうです。

ちょうどリモート会議があったので1~2時間程度を数回装着してみました。

1時間程度であれば締め付けの強さで頭や眼鏡のツルが痛くなることはなかったのですが、パッドが耳から少しずつずれていったりと安定性に欠ける印象です。

2時間を超えるとちょっと耳が痛くなり始めるので、私の頭の形状では長時間装着には向かないようでした。

在宅であれこれ聞きながら長時間利用というよりは、会社などでスポット的に会議の時だけ利用という方がよさそうです。

総合すると、1時間程度のリモート会議で装着する分にはまったく問題がなく、コスパのよいヘッドセットという印象です。

長時間装着でもきにならない着け心地や安定性を求めたり、音質に拘るのであればもう少しお金を出してしっかり探してみるとよい、という結論でしょうか。

まとめ

  • リモート会議用に手ごろなEPOS PC5-Chatを購入
  • 人の声を1時間程度聞くようなリモート会議では問題なし
  • 音質、装着感、安定感を求めるならお金を出して上位製品へ