インドの海外出張にあたって、全記事の電源タップ、変換アダプタを用意しましたが、意外と忘れがちなのがノートPCの電源ケーブルです。

ACアダプタ部分については240Vの国内対応になってはいるのですが、電源ケーブルのプラグ部分に関しては国内専用で240V対応していません。

本記事では海外出張用に電源ケーブルを購入したので、記録しておきます。

インドの電源事情とノートPCの電源ケーブル

インドでは使用電圧は220~240V、プラグ形状はB/B3/BF/Cのいずれかとなっているようです。

そのため、前記事では電源タップ、変換アダプタを用意しました。

しかし、忘れがちなのがノートPCの電源ケーブルです。

私の利用するノートPCはSony時代のVaioT11ですが、こちらもACアダプタに関しては240V対応しているのですが、電源プラグ部分は125Vまでの対応となっており、そのまま海外で利用するのは問題があります。

そのため、海外対応の電源ケーブルを別途用意する必要があります。

海外対応の電源ケーブル

以下に主要な海外対応の電源ケーブルを調査しましたので比較します。

基本的に、2ピンで対応しているのがPanasonic、Sony、Dell、HP、東芝、NEC、富士通、レノボ、ASUSといったメーカーで、3ピンはDellとHPの一部の製品のようです。

現在利用しているノートPCに合わせて2ピンか3ピンかで選べばよいと思いますが、私は今後のノートPCの買い替えでHP系も考えているため、ついでに3ピン変換プラグが付属しているカシムラNTI-108(旧モデルがTI-108だがほぼ同じ)を購入することにしました。

カシムラTI-108の開封

製品の外観です。本体のケーブルとともにDellやHP用の3ピン変換アダプタが付属しています。

以下は見づらいですが、VaioT11の電源ケーブル(左)とTI108(右)を並べたものとなっています。

左は6A 125Vと記載されており、右は2.5A 250Vと記載されています。

TI108はVaioT11のACアダプタに問題なく接続することができました。

今後、HPやDellのノートPCを購入した場合は次のように3ピン変換プラグと併用することになります。

実際にインドで使用した感想

インドの使用は問題なく行えました。今後の海外出張でも使用していきたいと思います。

実際の使用は先の記事で紹介したゴーコンα経由でゴーコンタップにTI-108を接続して使っていました。

また、通信用に用意したプリペイドSIMに関する記事もありますので、よろしければそちらもどうぞ。

まとめ

  • インド出張用にノートPCの電源ケーブルを購入
  • HP系製品の今後の購入も想定して3ピン変換プラグが付属するカシムラTI-108を選択
  • インド出張で問題なく利用することができた