先日、親しくしている友人にカメラの購入について相談を受けました。

がっつり撮影したいというよりは、手軽に撮影したいというスタンスだったので、Sonyのバランスの良いコンデジ、DSC-WX500を勧めておきました。

その際の選んだ基準について記録しておきます。

友人の使用用途

その友人が想定している用途は、旅行時の風景の撮影とペットの撮影が主となるようです。

ミラーレスなどのレンズ交換カメラは不要で、コンデジから選びたいとのことでした。

ペットの撮影には自撮りができるとうれしい、という感じです。

家電量販店への訪問につき合い、アドバイスをしつつ購入するカメラを決めることにしました。

家電量販店への訪問とWX500購入決定

まず初めに、コンデジを買う人にいつも勧めているSony Cybershot WX350を勧めました。

自撮りはできませんが、手ごろな値段かつ操作も行いやすいバランスの良いコンデジですので、友人・家族がコンデジを買う際はこれを推奨することが多いです。

また、同時にCanon、Nikonの同程度の製品と見比べてもらいました。

この時、自分もざっと色々な製品を見てみましたたが、モード周りの操作でライトユーザー向けとなるとSonyの方がかなり使いやすそうな感じがしました。

その後、WX350の上位機種であるWX500も見てみたところ、 WX500はチルト液晶搭載で自撮りができるということで、こちらを気に入ったようです。

ファインダー&GPSのついたHX90Vの方はさすがに必要ないとのことでした。

以上から、購入対象をWX500として話を進め、また後日出直して商品を購入する感じ。

WX500とアクセサリの購入

同時に購入したのは次の製品です。

保護フィルムとケースの購入に加え、所持するノートPCでSDHCカードの読み取りができないということでSDカードリーダーの追加購入を行いました。

また、SDカードはAmazonで以下を購入してもらいました。

店頭のものは少々お高いので、定番のTranscendを選択しました。

その後

あとは一度旅行に持っていく前にテストしてもらった上で楽しんでとアドバイスしておきました。

Flickrあたりのバックアップ用ストレージの使用を勧め、わからないことがあれば聞いてほしいと伝えておきました。

友人がカメラで旅行やペットの撮影を楽しんでくれることを祈ります。