以前の記事では、インドのハイデラバード出張における通信手段にAIS社のSIM2Flyを選択し、実際に利用しています。

調査中、このSIMカードの8日の期限が切れるとどうなるのか気になりましたが、記載はありませんでした。

全く通信ができなくなるのか、それとも低速モードで通信が可能なのか、実際に調べてみました。

SIm2Flyの利用期限について

以前の記事でプリペイドSIMのSIM2Flyを購入し、実際に利用しました。

このSIMカードは4GBの容量で8日間使用可能となっています。

説明書の記載によると、8日の期限の間に4GBの容量がなくなった場合は、低速モードで一応通信はできるとのことです。

それでは、期限が切れた後はどうなるのでしょうか。

通信不可となるのか、それとも低速で利用してMyAISから再度チャージを行えばいいのでしょうか。

期限が切れた後の通信について

結論としては、期限が切れた後はSIMカードを利用した通信はできなくなるというものでした。

ブラウザではパッケージの期限が切れたので、別のパッケージを使うか、チャージを行うようにというような記載のページに飛ばされるようになります。

一応、このページからパッケージの購入などは行えるのかもしれませんが、表示にかなり時間がかかったため大分手間取りそうです。

一度期限が切れてしまえば、MyAISを経由して改めてチャージを行うということはWifi環境がなければ厳しそうです。

期限の切れるタイミングでWifi環境がないのであれば、期限中にチャージを行っておくのが無難でしょうか。

期限をまたいでSIM2Flyを利用するのであれば、この期限の切れ目のタイミングについては注意しておく必要がありそうです。

追記(9/15)

インドの海外出張には、プリペイドSIM以外にも電源ケーブル、電源タップ、変換アダプタを用意しました。

よろしければそちらに関する記事もご覧ください。

まとめ

  • SIM2Flyの利用期限後の通信の可否について調査
  • 結果としては、全く通信ができないことが判明
  • TopUpを行うなら期限内に行うかWifi環境が必要