先日かぐらスキー場へ日帰りスキーに行ってきたのですが、そのアクセス手段となるバスについて、いくつか注意点があったので記録しておきます。

結論から書くと、suicaなどの電子マネーやクレジットカードは使えず、現金のみの支払いです。

両替の待ち時間を短縮するためにも、搭乗前に乗り場脇の販売所でチケットを事前に購入しておくとスムーズです。

かぐらスキー場へのバスアクセス

かぐらスキー場へのバスアクセスは越後湯沢駅からの急行・路線バス(有料)で20分弱となっています。

このバスは本数があまり多くないので、かぐらみつまた観光協会の時刻表と新幹線の時刻表を照らし合わせて確認しておくことを推奨します。

越後湯沢駅東口から、みつまたステーションまでは片道380円で、スキーや大型荷物1点ごとに100円追加料金を支払う必要があります。

バスの料金支払い

バスの料金はsuicaなどの交通系電子マネーやクレジットカードは使えず現金のみとなります。

そのため、降車時に両替する人で結構待ち時間を要することが生じています。

これを避けるためにも、バス乗り場の脇にある乗車券販売所で事前にチケットを購入しておくことを推奨します。

こちらの購入であれば両替の手間はかかりませんし、降車時が非常にスムーズになるのでオススメです。

タクシーという選択肢

さて、上記ではバスについての説明を書きましたが、人数が多かったり待ち時間なく早くスキー場につきたいという方はタクシーを使う選択肢もあります。

バスであればスキー持ち込みで片道480円で、タクシー代はNavitime検索によると片道2800円です。

3-4人の行動であれば待ち時間短縮を兼ねてタクシー利用という選択肢もアリだと個人的には思います。

同行人数が多い場合は選択肢として考えてみるとよいでしょう。

まとめ

  • かぐらスキー場へのバスアクセスでは、支払いは現金のみ
  • 待ち時間の間に販売所で事前にチケットを購入すると楽
  • 人数が多い場合はタクシーという選択肢もある