前回の記事では、インドのハイデラバード出張における通信手段にAIS社のSIM2Flyを選択することにしました。

本記事では、実際に出張においてどのように使用したかを記録しておきます。

キャリアを自動設定のままにしていると、シンガポールでは繋がってもハイデラバードでは繋がらないため注意が必要です。

シンガポール・インドでのSIM2Flyの使用

前回の記事でプリペイドSIMのSIM2Flyを購入しました。

設定は前回の記事の通り、データローミングをOnとして、キャリアを自動設定としています。(iphone7+iOS11.x)

ハイデラバードへの出張には、シンガポールのチャンギ空港を経由していきました。

シンガポール・インドそれぞれの通信状況を示します。

シンガポール(チャンギ空港)

チャンギ空港では、シンガポールの通信社であるSingtelに無事繋がりました。

以下のスクショでは、*545#へダイヤルして自分のSIMカードの電話番号を取得している様子となっています。

意味は分かりませんが、少なくとも数字の羅列である電話番号はわかりますね。

インド(ハイデラバード市内)

チャンギ空港と設定は同じままですが、このままでは圏外となってしまいました。

どうやらキャリア設定を自動ではなくて、IND airtelとして明示的に指定してやる必要があるみたいです。

これで問題なくつながるようになりました。

残りデータ容量の確認

出張終わりにどれだけ容量を利用したか調べてみました。

*111*6#にダイヤルを掛けると、現在使用した容量がSMSで通知されます。

これは最終日に確認した様子ですが、ホテルと仕事先のWifiをメインで使っていたこともあり、ほとんど容量を消費していません。

容量4GBで、残り3.7882GBなので200MB程度の使用ですね。

今回は仕事で行っていたわけですが、観光で行くならもっと利用料は多かったでしょう。

追記(9/15)

インドの海外出張には、プリペイドSIM以外にも電源ケーブル、電源タップ、変換アダプタを用意しました。

よろしければそちらに関する記事もご覧ください。

まとめ

  • SIm2Fly+iPhone7をインド・シンガポールで利用した
  • シンガポールではキャリア自動設定で問題なかった
  • インドではキャリア設定をIND airtelとして明示する必要があった