スキーの新幹線日帰りツアーで用具の持ち運びにGregory Alpaca Duffle60を利用していますが、スキーブーツの収納に少々困りました。

長方形のブーツケースだとバッグの幅を上回るため収納できないのです。

そこで、セパレートタイプのブーツケースであるICIオリジナル ブーツケース(ショルダータイプ)を利用しています。問題なく使えておすすめです。

スキーの新幹線日帰りの用具持ち運びについて

先の記事で投稿したように、私はスキーの新幹線日帰りにはダッフルバッグとスキーケースを利用しています。

このダッフルバッグ内収納において、スキーブーツの収納は少々問題があります。

そのまま収納するのであれば互い違いに入れれば問題ないのですが、帰りに雪でブーツが濡れていることを考えると何かしらので水気を遮断しておきたいところです。

しかし、長方形のブーツケースだとバッグの幅を超えてしまうため、バッグインバッグ的に使うことができません。

そこで、ブーツを1足ずつ収納できるセパレートタイプのブーツケースが役に立ちます。

ダッフルバッグへの収納に: ICIオリジナル ブーツケース(ショルダータイプ)

ICIオリジナル ブーツケース(ショルダータイプ)はICIスポーツのオリジナルブランド製品です。

値段がお手頃(1199円+税)なわりにジッパーなどの作りはしっかりしており、ダッフルバッグ内への収納には問題なさそうです。

ブーツを収納してみる

実際に私が使用しているブーツのRexxam PowerMax97のRed 15/16 Med Lastを入れてみました。

サイズ的には相当余裕があります。インラインスケートとかも入りそうですね。

Gregory Alpaca Duffle60への収納

それでは実際にグレゴリーアルパカダッフル60へ入れてみることにします。

ブーツをケースに入れた状態で互い違いにして問題なく収納できていますね。

さらにウェアなどを入れて問題なくすべて収納出来ています。

これで帰路にブーツについた水気も気にせず持ち運べそうですね。

まとめ

  • スキーブーツのダッフルバッグ内収納にセパレートタイプがよさそう
  • ICIオリジナルのブーツケース(ショルダータイプ)がオススメ
  • グレゴリーアルパカダッフル60にも問題なく収納できた