中秋の名月かつスーパームーンだということで、E-PL5を引っ張り出して写真を撮ってみました。

適当に取ったりMFであれこれやってもうまく撮影できませんでしたが、設定などが記載されているサイトを参考にしたら比較的まともなものが撮れました。

まだまだ精進が必要ですね。

月の撮影に必要な設定

自分で設定をあれこれやってみても綺麗な月は取れませんでした。

そこでStudio9というサイトを参考に次のような設定で月の撮影を行いました。

  • カメラ: E-PL5
  • レンズ: OLYMPUS M.40-150mm F4.0-5.6 R
  • モード: M
  • シャッター速度: 800(=1/800)
  • F値: 8.0
  • ISO: 400
  • フォーカス: S-AF

EVは3とのことでしたが、E-PL5ではMモードででEVの設定は不可能ということだったのでそのままにしています。

撮影トライ

この状態で、遠くの景色にピントを合わせて半押ししてAFを固定し、月の写真を撮ったら比較的まともになりました。

一々半押しが面倒な場合は親指AFにしたり、MFにしたりして調整し、大量に写真を撮る感じになるのでしょう。

この写真をさらにきれいに撮るなら手持ちではなく三脚を使った上でトリミングなども行う必要があるのでしょう。