家族から古いデスクトップPC(NEC ValueStar VL500LG)の処分を頼まれました。

既に起動もしないPCだったので、買取ではなくて最初から無料回収で探した結果、リネットジャパンに回収してもらうことにしたので、その過程を記録しておきます。

事前情報

家族から処分を依頼されたPCはNEC ValueStar VL500LGで、2009年発売のWindows Vista搭載モデルで13年前のものです。

既に利用しなくなってから数年経過しているもので、起動もしなくなっているようでした。

なので、データの復元なども一切考えずに処分だけしてくれとのことでした。

自治体なり家電量販店だと回収も有料ですからね。さらにデータ消去魔で考えると自分でやるのは面倒だったのでしょう。

ともあれ家族のPC担当として処分を行うことにしました。

処分業者の選定

動作もしないPCですので、買取してくれるところを探し回る労力をかけても微々たる額でしょうから、無料で回収してくれそうなところを探して依頼するのが手っ取り早いと考えました。

信頼性という意味ではリネットジャパンは自治体と連携している業者ということで一定以上はありそうだったので、深く考えずにこちらで依頼することにしました。

ただし、リネットジャパンはPCの無料回収はうたっていますが、データ消去が有料である点には注意です。

私は自作PCのHDDデータコピー用に以前購入していたKURO-DACHI/CLONE+ERASE/ESKPでデータ消去を自前でできるので、このあたりは問題なかったので依頼した形になります。

NEC ValueStar VL500LGのデータ消去

起動もしないPCとのことで、HDDの寿命も迎えてデータ消去の必要性があるかは怪しいところではありますが、念のためデータ消去を試みます。

PCからHDDを取り出すため、PCスタンドを本体から外してロックを外したらフロント側にカバーをスライドします。 かなり硬く、DVDドライブを押し込むようにしてたら外れました。

HDDはSATAと電源ケーブル外したらフロント側から取り出せました。

マウンタから外してHDDスタンド(KURO-DACHI/CLONE+ERASE/ESKP)に挿してデータを確認します。

HDDに通電して回転する音は聞こえますが、デバイスマネージャーなどからは認識されないようでした。

もう消去の必要もなさそうでしたが、既に取り出したので念のためEraseモードに切り替えて削除の実行を行いました。

HDDの容量は320GBで消去は1サイクル1時間ほど掛かりました。ランダム→All 0の消去を行ったので、合計2時間ほど掛かりました。

リネットジャパンによる回収

PC回収においては1箱140cm以内、20kg以内で、パソコン本体を含むなら1箱回収料金は無料とのことです。

段ボールをスーパーから確保して集荷依頼し、PC本体、キーボード、マウスx2、ケーブルを梱包しました。

本人確認書類はいらないようでした。 これは同企業の運営するネットオフで過去に本人登録をしていたからでしょうか。

回収翌日にメールで到着の連絡を受け取り、処理完了には3-4週間を要するとの記載がありました。

さらにその3週間後に処理が完了したとの連絡があり、無事一連の作業が終わったようです。

まとめ

  • 家族の古いデスクトップPCの処分依頼を受けた
  • リネットジャパンで無料回収を依頼した
  • データ消去は有料だったのでHDDスタンドを使って自分で実行
  • 処理完了までは3週間ほどかかった