普段はリュックやボディバッグ程度で済ませているのですが、ちょっとまともな格好をする際のバッグを用意したほうがよさそうだったので、割り切ってコスパのよさそうなものを購入することにしました。

このようなケースだと黒のレザートートバッグが無難そうなので、本革と合皮で迷った結果、GreenLabelRelaxingの本革トートバッグのSC GLR ファンクショナル レザートートバッグを購入しました。

購入に至った経緯を記録しておきます。

トートバッグ候補

色々調べた限りでは、本革のトートバッグであればUnitedGreenLabelRelaxingのオリジナルトートバッグが1.3万円程度で、合皮であればGlobalWorkのものが3000円程度でコスパがよさそうという印象を受けました。

本革のレザートートバッグはモノによりますが、3~4万あるいはブランドものだと青天井な印象もあったので、こだわりがないのであればコスパだけで選ぶのも一つの手ではありそうです。

そういったわけで、デザイン面もシンプルで牛革製でもあGreenLabelRelaxingのオリジナルトートバッグは一つの選択肢になりそうです。

一方、利用頻度が低く、手入れも面倒なら合皮で質の良いものを回していくのも選択肢になりそうです。その中でも評判がよさそうなのがGlobalWorkのアーバンキャリー トート(ブラック シュリンク)でした。

どちらを購入するか迷いましたが、本革のバッグは所持したことがなかったことから、一度経験してみようということでGreenLabelRelaxingの牛革トートバッグを選択することにしました。

1.3万位なので、たの本革バッグよりは失敗したりライフスタイルに合わなかったとしても勉強代として許容できる範囲だと考えた結果です。

SC GLR ファンクショナル レザートートバッグ

使用は以下の通りでした。

  • ブランド: Green Label Relaxing
  • 品名: SC GLR ファンクショナル レザートート バッグ
    • 色: ブラック
  • 価格: 13200円
  • 性別: メンズ
  • サイズ: 幅44.5/高さ29.8/マチ12.5(cm)
    • 持ち手込高さ51.4cm
    • 持ち手単独の高さは21.8cm
  • 重量: 840g
  • 素材: 牛革

外観は超シンプルなレザートートバッグという印象です。

個人的には1.3万でも大分値段はした印象ですが、牛革だとこの価格でも安いこともあってか革にちょいちょい皺、しぼみたいなものが見られました。

ただ、この辺りは黒で目立たないし問題ない用に思えます。

フロントパートは磁石で固定で、さらにその中でファスナーケースが存在しました。

メインパートはYKKファスナーで固定で、ファスナー閉めても若干サイドからメインパートへ通じる隙間がありました。

各種収納については付属するプラ板に記載されていました。 内部を見ると、13インチノートPC用のスリーブ、反対側に3つのポケットがありました。(うち1つはファスナー付きメッシュポケット) そしてサイドに1つペットボトルor傘用のポケットがありました。

3つのポケットに財布やスマートフォンなり入れる感じでしょうか。

ただ、底面に金具がついていないので、革全体が地面と設置する点には注意が必要でしょうか。 これがこのトートバッグ唯一の欠点に思えます。

サイズ感も問題なく、手で持っても肩掛けでも問題なさそうでした。

黒ということで埃は目立つので、財布と同じく定期的にメンテナンスをしておいたほうがよさそうです。

ただ、容量結構あるのでもてあましそうな感じはありますが、まともな格好をするときに用途を限れば容量については問題にならないと思うので許容の範囲可と思います。

現状、出歩く機会は減っているものの、逆に外に出なくてはならない時は必要に迫られる時が多いので、こういったアイテムも上手く使っていきたいところです。

まとめ

  • まともな恰好をするときのレザートートバッグを調査
  • 合皮と本革で迷ったが、本革のSC GLR ファンクショナル レザートートバッグを購入
  • コスパもよくおおよそ問題ないが、底面に金具がないのが唯一の欠点