QR決済系の20%還元キャンペーンの一つであったd払いのポイント消化を兼ねて、PanasonicのボディトリマーであるER-GK80を購入しました。

簡単に記録しておきます。

購入経緯

d払いの20%還元などで貯まった期間限定ポイント9000Ptの使い道として、 dショッピングの20日に行われるdショッピングデーの20%還元で利用することにしました。

エチケットカッターの購入に合わせて、前々からどこかで購入しておきたかったPanasonicのボディトリマー ER-GK80を購入することにしました。

類似品にはPhilipsのものもありますが、Panasonic製品を多く買っていることもあってブランド統一の誘惑が強く、Philipsの方を購入することは検討材料にもなりませんでした。

前モデルのER-GK70と違ってアタッチメントがダイヤル式になっていて、充電時間が8→1時間に大幅に短縮されている点などが改良点のようです。

人気があるのか取り寄せで1か月くらいかかるようでしたが、在庫と入荷がうまく嵌ったのか、注文から2-3日で到着しました。

開封

若干箱の大きさが内容物にあっていないのか膨らんでいましたが、以下のものが封入されていました。

  • 本体
  • 2mmアタッチメント
  • 3~12mmアタッチメント
  • オイル
  • ブラシ
  • 充電器
  • ポーチ
  • 説明書

本体

本体はスティック状で、刃はI字となっています。

Wet/Dryの記載があるように、ドライ・ウェットのどちらでも利用可能なようです。

アタッチメント: 2m、3~12mm

アタッチメントを活用することで、0mm,2mm,3~12mmの長さ調節ができます。

お風呂利用可能ではありますが、アタッチメント利用時は濡れた状態では詰まるので行わないようにとありますので注意しておく必要がありそうです。

アタッチメントにより推奨されている長さのは次の通りです。

  • 3~5mm 手の甲・指
  • 6~8mm ワキ
  • 9~10mm 足・腕
  • 10~12mm VIO ゾーン

アタッチメントを付けない状態です。刃を傷つけないように保管時には2mmか3~12mmのアタッチメントを付けておくようにとあるので、気を付けましょう。

2mmアタッチメントです。こちらは未装着時とそれほど大きさが変わりません。

3~12mmアタッチメントの3mm時です。こちらのアタッチメントは結構後ろにに突き出していることが分かります。 このダイヤルを調整して1mmごとに長さ調節が可能なようです。

12mmに調整してみました。3mm時より大分左に突き出していることが分かると思います。

刃のメンテナンス

毎回利用前の注油、利用後の洗浄と乾燥後の注油を忘れずに、と説明書に記載されています。

刃の着脱は結構気を使う感じで、説明書しっかり見ながら行うとよさそうです。

本体を正面に持って親指の腹で刃の金属部分を左へ押すということで、慣れるまで気を使っておいたほうがよさそうですね。

付属ポーチ

付属のポーチには、説明書以外の一通りのものが入る感じです。

洗浄

洗浄は本体背面の入水口から行います。

スイッチが入った状態で、入水口に水を入れて20秒ほど注いでスイッチを切ったあと水切りをして、水滴などをふき取って自然乾燥させます。

乾燥は刃を取り外して行い、注油は乾燥後に行うようです。

初利用の感想

とりあえず長さを10mmで一通りやってみました。

問題なく長さを調節することができましたが、結構時間かかりますし使い方に慣れが必要そうです。

本体を動かす向きや、同じところを動かす回数などについては個人に合わせた調整が必要でしょうか。

まとめ

  • ボディトリマーとしてER-GK80-Kを購入
  • 問題なく長さ調節をすることが出来た
  • 使い方に各自に合わせた慣れが必要そう