暑さもマシになってきたこともあり、4月以降履いていなかったインラインスケートを行ってきました。

場所はいつも通りの荒川河川敷で平井大橋を起点として砂町運河と往復するルートで、記録用カメラのOlympus TG-4をお供に持って行っています。

滑走記録

RunKeeperによる記録をみると次の通りでした。

  • 滑走距離: 13.51km
  • 滑走時間: 64分16秒 (停止時間除外)
  • ラップタイム(1km)
    • 往路3~4分 (追い風)
    • 復路4~5分 (向かい風)

写真

平井大橋

平井大橋からです。きれいな青空でした。

荒川ロックゲート

ベンチがあることもあり、何時も休憩地点にしています。復路では船の通過もありました。

トンボ

トンボがロープに止まっている姿を見ると、そろそろ秋だなあと感じますね。

花壇

荒川河川敷では常にいろんな花が花壇に植えられている感じがします。

砂町運河

往復の折り返しとなる河口付近です。結構日差しが強かった覚えがあります。

感想

久しぶりの滑走でしたが、インラインスケートしかりスキーしかり、こういう風を自分で切る感覚はやっぱり好きですね。

最近の夏は地獄なので、インラインスケートを春秋、スキーを冬といった感じで、季節モノになりつつありますが、その結果気を抜くと習慣から自然消滅しそうなのが怖いところです。

今回だって半年期間開いてしまいましたからね。この期間が1年、2年となると消滅してしまうのかなあと考えたりもします。

とはいえ、今から気にしても仕方ないので続けられるうちは気が向いたときにでも続けていきたいですね。

メンテナンス

帰宅後に清掃&ウィールローテーションを行いました。所要時間30分ほど。

ノギスでウィール径も測りましたが、今回はあまり擦り減っている感じがしなかったので、ウィールの裏表を入れ替えて完了としました。