10年近く利用していた8GBのUSBメモリがついに故障してしまいました。

最近はクラウドストレージ経由のデータ移行も多くなり、利用頻度は減ってはいたのですが、何だかんだと使う機会はあるので新たに購入することにしました。

フラッシュメモリ系では定番のTranscendのUSBメモリであるJetflash700を購入したので記録しておきます。

USBメモリの故障

処分するPCのデータ消去にdbanを使うべく、USBメモリにライブLinuxとして書き込みを行っていたのですが、エラー発生後にUSBメモリが認識されなくなりました。

10年ほど使っていたので故障でしょうが、やはりこういうのは突然来てしまうものですね。

USBメモリの用途

以前はUSBメモリでデータ共有というのも行っていましたが、最近はクラウドストレージ経由がほとんどとなっています。

最近のUSBメモリの用途はもっぱらLinuxやdbanなどのUSBブート、Windows10のクリーンインストール用というのが多かった気がします。

他はコンビニとかのプリンターへのデータ送信用でしょうか。

何だかんだ使う機会はまだ残っている気がします。

購入したUSBメモリ

SDカード、USBなどのフラッシュメモリは以前からTranscend製品を愛用しています。

値段と質のバランスがいいというのが理由でしたが、いつの間にか永久保証から5年保証に変わっていることに驚きました。

何か変えるに至った理由でもあったのでしょうか。

結局購入したUSBメモリは次の製品です。

  • TRANSCEND TS32GJF700
    • 1080円 (Pt10%)
    • サイズ:61.5×18.59×8.7mm
    • 重量:8.5g
    • インターフェイス:USB3.0 (USB 2.0 に下位互換)
    • データ転送速度
      • 読出し:70MB/S
      • 書込み:18MB/S

TS32GJF700の開封

いつものTranscendのシンプルなデザインのパッケージです。

裏面や内部の説明書きは多言語対応となっていますね。

キャップレスタイプのUSBメモリもありますが、埃の進入のデメリットもありますので、私はキャップありのものを選択しました。

USB3.0対応ということで青色の端子となっています。

またしばらくお世話になっていきたいと思います。前のメモリみたいに10年近く使い続けることができるかは不明ですけどね。

まとめ

  • USBメモリが故障したので買い替え
  • 最近は利用頻度が減ったUSBメモリだがまだ使うこともある
  • Transcend Jetflash700を購入