防災や夜間の手元の確認用に持ち運びが楽なLEDキーライトとして、GENTOS(ジェントス)のSK-8Gを購入したので記録しておきます。

EDC(EveryDayCarry)としてキーケースに装着するのにちょうどいい大きさで個人的には満足しています。

LEDキーライトの購入経緯

防災や夜間に鍵穴を見るために手元を照らしたりと、すぐ取り出せるLEDライトがあれば便利そうだと感じることがたまにあります。

普段使いのキーケースに取り付けられる小型のキーライトであれば、常に持ち歩くこと(EveryDayCarry)になって防災にも使えそうです。

軽く調べたところ、GENTOSというメーカーのLEDライトは性能と価格のバランスがよく、コスパのよさそうな製品だったので、その中からキーライトを購入することにしました。

GENTOS SK-8G LEDキーライトの仕様

  • 重量: 8g (電池含む)
  • 明るさ: 15ルーメン
  • 照射時間: 8時間
  • 電池: リチウムボタン電池CR1616*2個
  • 価格: 446円

なお、GENTOSのLEDキーライトにはほぼ同一性能のSK-10Gというものもありましたが、こちらは明るさ調整ができる代わりにヘッドがねじ回し式で脱落の恐れがあったので、単なるスイッチON/OFFのSK-8Gを選択しました。

外観

非常にシンプルなつくりです。

スイッチも程よく固くて、ふとした拍子にポケットの中で点灯ということは起きにくそうに感じます。

照射テスト

スイッチをONにしてみましたが、この小ささでも結構明るいです。

手元確認には十分な明るさだと思います。

キーケースに装着

普段使いのキーケースである、CHUMSのeco key coin caseで鍵2つ、ドゥーヒッキー、SK-8Gの4つを繋いでも、キーポケットには問題なく入りました。

これでしばらく使っていくことにします。

まとめ

  • 携帯用のLEDキーライトとしてGENTOS SK-8Gを購入
  • シンプルなつくりで持ち運びもしやすそう
  • キーケースに装着して暫く使ってみる