使用しているiPhone7で英語学習用にPodcastを聞くのに、ワイヤレスイヤホンを購入することにしました。

色々と調査した結果、コスパのよさそうなBluetoothイヤホンである、SoundPEATSのQ35Proを購入したので、その経緯と使用後1週間の感想を記録しておきます。

iPhone7でイヤホンを利用する場合

iPhone7で利用するにあたってはイヤホンジャックがないため、Lightningとの変換ケーブルを用意するか、ワイヤレスイヤホンを使うかの2択です。

ケーブルが煩わしいこともあり、今回はワイヤレスイヤホンを購入することにしました。

必要なBluetoothの仕様

ワイヤレスイヤホンはBluetooth通信が主流とのことで、その対応バージョンとコーデックについて簡単に調査しました。

  • Bluetooth: iphone7は4.2、iphone8は5.0対応
    • 3系と4系は下位互換性ないため注意
  • Bluetoothコーデック: SBC、AACに対応
    • aptXやLDACには対応していないみたい
    • 音質・遅延の少なさはLDAC>aptX≒AAC>SBC
    • SBCは標準規格なのでどのイヤホンも搭載

コーデックのうちaptXはAndroid向け、AACはios向けとなっているので、できればAACに対応しているとよさそうです。

完全分離型かケーブル型か

ワイヤレスイヤホンといっても、AppleのAirpodのように左右の耳で完全に独立しているものもあれば、左右の繋がった通常のイヤホンからスマホとの通信ケーブルのみをなくしたイヤホンも存在します。

軽く調べたところでは、完全分離型は値段が高めである点と、バッテリーの持ちが悪く充電ケースを併用する形になること、そして紛失リスクがより高いといった弱点があるようです。

今回はコスパを優先して左右がケーブルでつながったワイヤレスイヤホンを購入することにしました。

購入したBluetoothイヤホン

色々調査はしましたが、ios向けのAACにまで対応しているイヤホンはそれほど多くはありませんでした。

5000円以下のイヤホンで調べた中では、SoundPeatsのQ35Pro, JPRiDEの708程度でした。

  • SoundPEATS Q35Pro
    • Bluetooth: 4.1
    • Bluetoothコーデック: aptX, AAC
    • 連続再生時間: 8時間
    • 防水: IPX6
    • 重さ: 15g
    • 保証期間: 12か月
    • 価格: 4290円
  • JPRiDe 708
    • Bluetooth: 4.1
    • Bluetoothコーデック: aptX, AAC
    • 連続再生時間: 8.5時間
    • 防水: IPX7
    • 重さ: 17.25g
    • 保証期間: 12か月
    • 価格: 3980円

どちらもスペック場は大きな差はありませんし、レビュー記事を見てもどちらも大きな弱点はなさそうです。

今回はたまたまAmazonで600円の割引クーポンがQ35Proに発行されていたので、より安いQ35Proを購入することとしました。

開封と確認

製品は小さな箱に入って到着しました。

箱の中には本体、ケース、説明書、USB-microUSBケーブル、交換イヤーパッド、クリップ、カラビナなどが入っています。

イヤホン自体のケーブルは結構短めで、装着してケーブルが余ることはなさそうです。

手元でコントローラーを操作するには手探りで行う必要があるため、操作にはなれる必要がありそうです。

とはいえ+-のボタン形状は触ればわかるのでどうにかなりそうです。

また、iphoneとのペアリングや再生も問題なく行えました。

テストの試聴に10分くらい音声を聞きましたが特に問題はありませんでした。

長時間付けての違和感はまた使用しながら確認していきます。

1週間利用しての感想

現在、通勤中に1-2時間連続再生でQ35Proを使っています。

この程度ではバッテリーは十分持続しているので、充電頻度もそれほど多くなく使うことができそうです。

イヤホンの安定感も、適切に耳に装着して固定できれば電車内やホーム乗換で歩く程度には十分です。

現時点で問題なく使えていますので、これからも使用していきたいと思います。

まとめ

  • iphone用にBluetoothイヤホンを購入
  • SoundPeatsQ35Proはバッテリーもそれなりに持つ
  • 1週間の使用で問題なし。今後も使っていく