今はHakubaのシリコンブロアーCP KMC-45CP-BKを使用しているのですが、 大型なので基本的に自宅用で持ち運びは考えられません。

旅行時の掃除用に、レンズペンと一緒に持ち運びたいと考え、小型のミニブロワーを購入することにしました。

ミニブロワー比較

ブロワーの素材はとりあえず劣化考慮して合成ゴム製を避ければよいようです。 (要するにシリコン,天然ゴム,ラテックス製ならOK)

持ち運び考慮して小型かつノズルが短いやつをいくつか列挙します。

大差はなさそうなので、安くて小さいHakubaのミニブロワーが無難な気がします。

KMC-59の外観

普通のブロワーですね。先端が短いので持ち運びやすそうです。

大型ブロワー Hakuba KMC-45CPとの比較

既に所持していたHakubaの大型ブロワーKMC-45CPと外観を比較してみました。

本体の大きさはKMC-59が少し小さく、先端部分がかなり短くなっていることが分かります。

ピンポイントで空気を吹き付けるなら先端部の長さはそこそこ必要でしょうし、KMC-59はあくまで持ち運びの利便性を優先した形状ということでしょう。

まとめ

  • 持ち運び用のミニブロワーを購入
  • HakubaのKMC-59を選択
  • 今後の旅行で使っていきたい