現在通勤に使用しているバックパックがボロボロになってきたので買い替えを検討することにしました。

通勤にノートパソコンを持ち運ぶだけではなく、趣味でカメラを持ち運ぶのにも使えそうなバックパックを探した結果、MammutのSeon Transporter 26Lを購入することにしました。

本記事では購入したSeon Transporterのレビューを行います。

なお、1か月使用した感想を次のページに記録してあります。

要求スペック

現在使用しているバックパックが長年の使用でボロボロになってきたので、買い替えることにしました。

その際のバックパックへの要求スペックを以下にまとめます。

  • ノートパソコンを持ち運べる
  • 素材・作りがしっかりしている
  • 防水性能がそれなりにある
  • カメラの持ち運びにも使える

バックパックの選定

上記の条件の内、「素材・つくりがしっかりしている」バックパックに関しては、登山系のメーカーから探してみるのがよさそうと考えました。

Mammut、Gregory、Deuter、Ospreyなどを始めとする登山系のメーカーが出しているライフスタイル・ビジネス系のバックパックを探した結果、次のブログでMammutのSeon Transporterを紹介している記事が目に付きました。

特にこの製品においては、シューズ用ポケットがミラーレス用のケースにジャストサイズという記述がありましたので、通勤・カメラバッグ兼用としてはちょうどよさそうです。

Mammut Seon Transporter 26Lのスペック

以下にMammut公式サイトなどから集めた情報をまとめます

  • Mammut Seon Transporter 26L
    • 定価: 19000円+税
    • メイン生地: 600D Polyester WP
    • ベース生地: 840D Nylon JR Ballistic
    • 26L, 1100g
    • 17.3インチのノートPCまで対応
    • 2気室、フロントポケット有
    • ショルダーストラップが長めで邪魔との話もある

購入

今回購入したのはMammutのSeon Transporter 26LのNavyとなります。

また、ショルダーストラップの長さが邪魔という話があったので、ウェブドミネイターも同時に購入することにしました。

ちなみにウェブドミネイターというのは、以下の動画でも紹介されていますが、元はミリタリーで邪魔なストラップをまとめるのに使っているアクセサリーのようです。

今回のケースではちょうどよさそうと考え、「DYZD ウェブドミネーター」を購入しました。

レビュー

届いた製品を各部ごとに確認していきます。

フロント部

デザインは非常にシンプルです。

大型のフロントポケットは止水ジッパーとなっており、内部にメッシュポケットも存在します。

サイド部

ワーク、クライムの記載があって2気室に分かれていることが分かるかと思います。

また、上部に加えてサイドにもハンドルが設置されています。

ワークコンパートメント

2気室の背中側(オレンジ)はワークコンパートメントとなっており、2つの止水ジッパーで開閉が可能です。

ノートパソコン収納部、タブレット収納部、メッシュポケットが存在しています。

ノートパソコン収納部は厚めで、背中側もフレームがあるのか形をしっかりと保っていますので、パソコンとタブレットの保護はしっかりできそうです。

クライムコンパートメント

2気室のフロント側(グリーン)はクライムコンパートメントとなっており、単一のジッパー(非止水ジッパー)で開閉が可能です。

上部のオレンジ色の部分は次に説明する貴重品コンパートメントで、下部のポケットはシューズコンパートメントとなっています。

上部の貴重品コンパートメント

バックパックの上部に貴重品用コンパートメントが存在します。

こちらは1つの止水ジッパーで開閉可能で、スマートフォンや小物が収納できるようになっています。

次の画像には2ポケットと他の収納部があることが分かるかと思います。

他の収納部にはKindle PaperWhiteが横向きで入りました。

クライムコンパートメントへのミラーレスカメラの収納

事前情報にあった、クライムコンパートメントのシューズコンパートメントにミラーレスカメラが収納できそうということで自分でも確かめてみました。

私が普段使用するミラーレスカメラ(Lumix G8)と標準レンズ(12-60mm)、予備バッテリー、レンズペンを収納しているエツミのモジュールクッションボックスAがちょうどぴったり収納できるサイズでした。

小旅行などで衣服とカメラを合わせて持ち運ぶのに丁度よさそうです。

ワークコンパートメントへのノートパソコンの収納

手持ちのノートパソコン(VaioT11, 11.9インチ)を試しに収納してみました。

小型のPCということもあって問題なく収納できています。

ノートパソコンのスリーブはかなり厚めで保護性能は高そうです。

タブレット部の厚さもほどほどにはありますが、マウスなどを入れても問題ないかは少し疑問が残ります。

背中とノートパソコンで押しつぶすこととなるかもしれないので、気になる方はPCアクセサリはクライムコンパートメントへ入れた方がいいかもしれません。

ウェブドミネイターの取り付け

私の体格に合わせた場合では思ったほどにはショルダーストラップは長くはありませんでした。

ですが、せっかく購入したのでウェブドミネイターをストラップに取り付けることにします。

ストラップ末端にウェブドミネイターを取り付け、くるくる巻いて固定します。

巻き終わると次のようになりました。

これでストラップがぶらぶら遊ぶこともなくなったかと思います。

まとめ

  • 通勤・カメラバッグにMammutのSeon Transporterを購入
  • ノートパソコンの収納部もしっかりしている
  • ミラーレスカメラもジャストサイズで収納できる
  • ストラップは然程長くないがウェブドミネイターでまとめた