先日自作LinuxPCに増設したCPUクーラーのScythe 虎徹MarkII(SCKTT-2000)、ケースファンのENERMAX T.B.Silence PWM UCTB14Pの効果をZabbixで再度確認します。

今回は14日分の稼働データと交換前の3か月分のデータを比較します。

今回の検証の目的

CPUクーラーをリテールクーラーから虎徹MarkIIに変更し、ケースファンを前面・背面1基ずつの状態にUCTB14Pを前面に1基追加した際の冷却効果の確認を目的とします。

先日は交換直後の2日分のデータの比較でしたが、今回は14日分のデータを使って比較することにします。

対象の環境

以下の記事で作成したLinux自作PCが今回の検証環境です。

  • CPU: i3 7100
  • CPU cooler: Scythe 虎徹MarkII SCKTT-2000
  • GPU: EVGA GTX1070 FTW2 iCX
  • MB: MSI H270 PC Mate
  • Mem: CFD Crucial W4U2400CM-8G DDR4-2400 8GBx2
  • Case: Fractal Design Define C
    • ENERMAX T.B.Silence PWM UCTB14P: 1基増設
  • HDD: WD Red WD20EFRX
  • Power: Corsair CMPSU650HXJP

2週間分のCPU・GPUの負荷の確認

以前、3か月分の稼働データをZabbixで取得しました。

今回も同様に、CPUとGPUの負荷をZabbixで取得し以下のグラフに示します。

CPUクーラーとケースファンを増設してからの14日分のデータを示します。

以下の表にCPUの平均温度、GPUの平均温度とFan速度を以前の3か月分と比較します。

Core [℃] Core0 [℃] Core1 [℃]
1月 38.41 37.01 38.39
2月 38.8 37.43 38.76
3月 42.02 40.64 41.96
換装後14日分 36.93 35.75 36.76
GPU Temp [℃] GPU Fan [%]
1月 69.99 35.97
2月 70.21 36.3
3月 72.14 42.68
換装後14日分 73.82 48.29

こうして見ると、3月から4月に変わり平均温度が上昇したにも拘らず、CPUの温度に関しては安定して下がっています。

虎徹MarkIIによるCPU冷却効果は大いにあったとみてよさそうです。

一方で、前面ファンの増設におけるGPUの負荷については、GPUのFan速度の上昇もあり、冷却効率を大いに助けたとは言えなさそうです。

単純に冷却効果を高める点でいえばまずはCPUクーラー、次いで風鮮度が落ちてケースファンということになるのでしょうか。

今後

換装後の2週間分のデータを見る限りでは、CPUクーラーとケースファンの効果はおおよそ確かめることができたといえそうです。

今後はたまに負荷状況を確認しつつ、気温の上がる夏に備えることになりそうです。

まとめ

  • CPUクーラーの虎徹MarkIIとケースファンのUCTB14Pの増設効果を確認
  • Zabbixで14日分のCPUとGPUの温度・負荷を確認
  • 増設前の3か月分のデータと比較
  • CPUの温度は明らかに下がった
  • GPUの温度、ファン速度は僅かに上昇
  • 冷却効果だけ見ればCPUクーラーが優先といえそう
  • 今後もデータの取得は続け、夏に備える