Nvidia-dokcer上のマインニングにおいてscreenコマンドを導入して、セッションが終了してもマイニングが継続されるように設定を行います。

先の記事でNvidia-Docker上にMonacoinのマイニング環境を想定されたハッシュレートで構築した続きとなります。

screenコマンド

screenコマンドを用いることで、ssh中のログインにおいて、通信の中断による処理の中断などを防ぐことができます。

インストール

リポジトリよりインストールを行います。

$ sudo apt install screen

簡易使い方

セッションの開始

screenコマンドで新規セッションを開始します。

$ screen     

セッションのdetach

(Ctrl+a → Ctrl+d)と順に入力することで、接続中のセッションから一時的に離れることができます。 この状態でsshログインを終了してもセッション内で処理は継続して行われます。

作動中のsession一覧

現在稼働しているセッションの一覧は次で確認できます。

$ screen -ls

セッションのatach

セッション一覧で確認したpidを用いて、セッションに再接続ができます。

$ screen -r <pid>

セッションの終了

exitコマンドでセッションを終了できます。

$ exit

miner起動手順

このscreeenコマンドを用いてマイニングが途中中断されないようにするには、下記のように行います。

  • sshでマシンにログイン
  • screenを起動
  • dockerを起動
  • minerを起動
  • Ctrl+A→Ctrl+Dでdetach

これでsshを切ってもマイニングが継続されるようになります。