Debian Stretch 9.3でZabbixを導入し、ディープラーニング・マイニングで常時稼働するマシンの監視を行います。

前回でnginxにphpの導入を行いました。本記事ではZabbixの導入を行います。

インストール

基本的に導入は公式の手順に沿って行います。

直接debファイルをDLしてインストールを行います。

$ wget http://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/debian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_3.4-1+stretch_all.deb
$ sudo dpkg -i zabbix-release_3.4-1+stretch_all.deb
$ sudo apt update

mariadbでzabbix用システムユーザーを作成

DBでZabbix用のユーザーを作成します。

$ sudo mysql -u root -p
> CREATE USER zabbix;
> CREATE DATABASE zabbix CHARACTER SET utf8;
> GRANT ALL PRIVILEGES on zabbix.* TO zabbix@localhost IDENTIFIED BY '<システム用パスワード>' ;
> exit

server、フロントエンドのインストール

必要なパッケージのインストールを行います。 frontend-phpでapache2が入ってしまいますが気にせず進みます。 場合によってはapache2をsystemctlでstop, disableする必要があるかもしれません。

$ sudo apt install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php

Zabbixのデータベースのインポートは次のコマンドでおこないます。 結構時間かかるので注意しましょう。

$ sudo zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql/create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix

Zabbixの設定

/etc/zabbix/zabbix_server.confで設定を記述します。適宜パスワードは書き換えてください。

$ sudo vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBHost=localhost
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=zabbix

Zabbixの起動

$ sudo systemctl start zabbix-server
$ sudo systemctl enable zabbix-server

としてサービスを起動してみると、/var/log/zabbix/zabbix_server.logではsnmp周りのエラーが起きているもようです。 ローカル監視ならネットワーク越しでzabbix-agentが利用できない際に使用するsnmpは不要だと思われるのですが、 どうやら設定からsnmpをOffにすることはできないようで、ソースコンパイル時に無効するオプションがある程度みたいです。

SNMPのインストール

https://wiki.debian.org/SNMP

snmpdは既に入っており、active状態になっていた。

Cannot find module (SNMPv2-MIB): At line 1 in (none)
Cannot find module (IF-MIB): At line 1 in (none)
Cannot find module (IP-MIB): At line 1 in (none)

などと表示されており、どうやらsnmp-mibs-downloaderが必要な模様。

$ sudo apt install snmp snmp-mibs-downloader
$ sudo systemctl restart zabbix-server.service

とりあえずこれでzabbix-sever起動時のエラーはなくなった。

動作確認

/etc/nginx/conf.d/default.confを次のように編集素たところ、zabbixへのアクセスは成功しました。 ただ、ディレクトリルートでアクセスするようになっており、サブディレクトリ化はできていません。 他に別のhttpサービス動かしたいならサブディレクトリ化しておく必要があります。

server {
    listen       80;
    server_name  localhost;

    #charset koi8-r;
    #access_log  /var/log/nginx/host.access.log  main;

    location / {
        #root   /usr/share/nginx/html;
        root   /usr/share/zabbix;
        #index  index.html index.htm;
        index  index.html index.htm index.php;
    }

    #error_page  404              /404.html;

    # redirect server error pages to the static page /50x.html
    #
    error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }

    # proxy the PHP scripts to Apache listening on 127.0.0.1:80
    #
    #location ~ \.php$ {
    #    proxy_pass   http://127.0.0.1;
    #}

    # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
    #
    location ~ \.php$ {
        #root           /usr/share/nginx/html;
        root           /usr/share/zabbix;
        fastcgi_pass   unix:/run/php/php7.0-fpm.sock;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root/$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
    }

    # deny access to .htaccess files, if Apache's document root
    # concurs with nginx's one
    #
    #location ~ /\.ht {
    #    deny  all;
    #}
}

サブディレクトリ化

/etc/nginx/conf.d/default.confを次のように設定しました。 これでサブディレクトリ/zabbix/でアクセスできるようになりました。

server {
    listen       80;
    server_name  localhost;

    #charset koi8-r;
    #access_log  /var/log/nginx/host.access.log  main;


    location / {
        root   /usr/share/nginx/html;
        index  index.html index.htm index.php;

        # find file in requested path
        if (-f $request_filename){
            expires 30d;
            break;
        }
        if (!-e $request_filename) {
            rewrite ^(.*)$ /index.php?q=$1 last;
        }

        # pass the PHP scripts to FastCGI server
        location ~ \.php$ {
            fastcgi_pass   unix:/run/php/php7.0-fpm.sock;
            fastcgi_index  index.php;
            include        fastcgi_params;
            fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root/$fastcgi_script_name;
        }
    }

    location /zabbix {
        alias /usr/share/zabbix;
        index  index.html index.htm index.php;

        # find file in requested path
        if (-f $request_filename){
            expires 30d;
            break;
        }
        if (!-e $request_filename) {
            rewrite ^(.*)$ /zabbix/index.php?q=$1 last;
        }

        # pass the PHP scripts to FastCGI server
        location ~ ^/zabbix/.+\.php$ {
            fastcgi_pass   unix:/run/php/php7.0-fpm.sock;
            fastcgi_split_path_info ^/zabbix(.+\.php)(.*)$;
            include        fastcgi_params;
            fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root/$fastcgi_script_name;
        }
    }


    #error_page  404              /404.html;

    # redirect server error pages to the static page /50x.html
    #
    error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }


    # deny access to .htaccess files, if Apache's document root
    # concurs with nginx's one
    #
    #location ~ /\.ht {
    #    deny  all;
    #}
}

PHPの設定

/etc/php/7.0/fpm/php.iniを編集して、以下の値を書き換えます。

max_execution_time = 300
memory_limit = 128M
post_max_size = 16M
upload_max_filesize = 2M
max_input_time = 300

[Date]
date.timezone = Asia/Tokyo

公式の手順に存在したalways_populate_raw_post_dataはphp7で非推奨なので未記載としています。

Zabbix-agentの導入

ローカルの監視にzabbix-agentを導入して起動しておきます。

$ sudo apt install zabbix-agent
$ sudo systemctl enable zabbix-agent
$ sudo systemctl start zabbix-agent

参考

公式の手順以外には次の記事を参考にしました。

今後

Zabbixの導入が行えたので、次はZabbixの設定を行っていきます。