構築したディープラーニング用マシンにDebian 9.3 Stretchをインストールして、初期設定を行っていきます。

Debianは最新のStable版は9.3.0でしたので、これを利用しました。

前回の続きです。

イメージ準備

まずはUSBイメージの作成を行います。

MB(MSI H270 PC Mate)のイーサネットアダプタがIntel I219-Vということもあり、 OS次第ではLinuxカーネルにまだ組み込まれていない可能性があります。 下記の情報はUbuntu16.04LTSのものです。

今回使用するのはDebian9系ですが、Ubuntu16.04よりリリースが新しいため、Linuxカーネルにドライバが入っていることを祈ります。 入っていないようであれば上記ページを参考にドライバをインストールすることにします。

まずはjaistのミラーからamd64版のisoファイルをDLします。 インストールにはまずNetInst版を使用し、ネットワークドライバが駄目そうなら軽量版を使ってローカルインストールします。 ということで、debian-9.3.0-amd64-netinst.isoをDLしました。

インストール用のUSBメディアはrufusで先のisoファイルを書き込んで作成しました。

OSインストール

問題のありそうなIntel I219-Vではありましたが、最新のDebianを使ったおかげかネットワーク経由のインストールも問題なく行えました。OSインストール時の設定を下記に簡単にまとめます。

  • HDDフォーマット: LVMを使わずext4で
  • ブートローダー: Grub
  • ソフトウェア構成:
    • デスクトップマネージャー: Xfce
    • 追加でSSHサーバー、基本ユーティリティを入れた

これで問題なくインストールが完了し、起動も正常に行えた。 ここから必要な設定を行っていきます。

ただ、別の記事で後述しますが、GPU設置時に私の環境においてはXfceの電源管理の問題か、スリープ復帰が正常に行えませんでした。 そのため、あとでMATEにデスクトップマネージャーを変更しています。

初期設定

sudoの準備

まずはじめにsudoを使えるようにしておきます。

$ su
# apt update
# apt install sudo
# visudo

...
username     ALL=(ALL:ALL) ALL
...

# exit

ホームディレクトリの言語を変更

日本語のままだと面倒なのでディレクトリ表記を英語にします。

$ sudo apt install xdg-user-dirs-gtk
$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

必要となりそうなパッケージのインストール

後で使いそうなパッケージをインストールしておきます。

$ sudo apt install build-essential vim git

aptの設定

リポジトリの参照先にnon-free、contribをリポジトリに追加します。 特にnvidiaのドライバ周りで後で必要になります。

$ sudo vim /etc/apt/sources.listを実行し、以下のようにリポジトリの追加を行います。

deb  http://deb.debian.org/debian stretch main contrib non-free
deb-src  http://deb.debian.org/debian stretch main contrib non-free

deb  http://deb.debian.org/debian stretch-updates main contrib non-free
deb-src  http://deb.debian.org/debian stretch-updates main contrib non-free

deb http://security.debian.org/ stretch/updates main contrib non-free
deb-src http://security.debian.org/ stretch/updates main contrib non-free

そしてリポジトリの更新を行います。

$ sudo apt update

おわりに

これで初期設定は一段落しました。

続いてネットワーク設定やドライバの設定、ディスプレイ設定などを行い、一通りの設定が完了したところでGPUの取り付けや設定なども行っていきたいと思います。